新・平成霧崎遼樹の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新世界紀行・すっぽん編

<<   作成日時 : 2008/07/09 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

この日、同レーベルの作家さんお二人と、 昨年4月22日、甲野善紀先生の稽古会に初参加した際の日記
http://kirisake.at.webry.info/200704/article_1.html
でも一度紹介した、新世界「やまと屋」さん2号店にて、 すっぽんを食べようという話になりました。

待ち合わせは夕刻からでしたが、私は、昼頃から新世界へ。
実は会食の前に、日劇会館で上映中の、「闇の狩人」を見たかったのです。
しかし現地で上映時間を確認すると、次は3時から。二時間強の大作ゆえ、時間に間に合わないでやめときました。
(後日、あらためて見に行きました。感想はまた別項にて)

というわけで、時間つぶしをかねて、軽い昼食に。
夕方から呑み食いなので、流石に昼は呑み屋でなく、前から興味があった通天閣真下の喫茶店「ドレミ」へ

画像


ご覧の通り、店構えやショーケースまで、レトロっぽさがいい感じの喫茶店です。

画像


画像


画像


すすけて変色したサンプルがいい味出してます。

画像


画像


「メルバー」という謎のメニューが気になります。

画像


入り口前、映りこんでいる「侍」は気にしないでください。

画像


いかにも昭和くさい内装がナイス。写真には写ってませんが、お店のお母さんもいい味出してました。

画像


注文したのはカレー+コーヒーセット750円、大盛りは+150円。カレーは、生玉子入りの大阪風。
苦手な人は玉子を抜いてくれます。格別な特徴はないものの、昔ながらの懐かしい美味しさでしたよ。

画像


冷コー(大阪弁でアイス珈琲の意)も、コクがあっていい味でした。

で、持参した本を読みつつ、しばらく滞在してたら、雨に降りこめられてしまい、結局、三時ごろまで居座ることに。
道具屋で600円の折り畳み傘を買い、小雨ぱらつく新世界を散策。

次に立ち寄ったのが、スマートボール「ニュースター」
地元では有名な店ですが、実は少し前、なんばで「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を見た帰り、
はじめて入ったのです。 そのときは、100円(25玉)で二回プレイして、あまり出ずに終わったのですが、
(というか、機械の不調か、二度ほど穴へ入ったのに玉が出ず。店の人に行ったら一回分サービスしてくれましたが)
今回、遊んでいるうち、だんだんコツがわかってきました。
玉はあまり強く打ちすぎてはダメなようです。勢いがつきすぎて穴に入りにくくなります。
強からず弱からず、穴の近くに転がるよう打って、あとは釘任せ運任せ。

画像


今回は、特定の穴に入ると、普段は閉じている中央ゲートが開く台で遊んだこともあり、なんだかんだで500円遊んで
ボール120個ゲット。金額的にはトントンですが、これだけ遊んでリターンがあれば上等です。
で、これから会う方々のお土産に、100個で大阪ケーキ、20個でキャラメルと、実に差別待遇な景品と交換。

時刻になり、ようやくやまと屋2号店へ。
今回、ご一緒したのは、妙齢の佳人(実は魔女)と、ナウなヤングでトリックメルバー(違)な新人作家さん。
さっそく二階座敷にて、予約のすっぽん鍋と串カツセット、あと、どて焼きも追加。

画像


やまと屋さんの串カツは、他の名店と違って、ヤマイモを入れない薄めの衣ですが、なかなかどうして、辛口ソースに
浸して食べると美味しいです。 本当に、いずれまたこの店の串カツでビールをやりたくなりました。

さて、メインのすっぽん一匹コースは、まずは、すっぽんの血のワイン割り。

画像


そして肉と肝のおつくりシンボルつき。あっさりした美味。シンボルはナウなヤングの方が召し上がりました。

画像


あとは一匹まるまるのまる鍋。

画像


すっぽん様のお肉は、脂身の少ないあっさり感ながら、独特の風味。手足や甲羅についたゼラチン質も珍味でした。
ダシは鶏のスープを濃厚にしたようなお味で、日本酒で割っても美味。私は例によって、飲み放題コースで、
生中四杯、日本酒、ビンビール、あとチェイサー代わりのソフトドリンクと呑み倒しましたよ。
最後は、すっぽん風味たっぷりの雑炊。一匹コースで三人前は十分にありました。これで8500円はお得ですよ。

その後は、お二方を案内して夜の新世界散策。
またもスマートボールを遊んでみたり、串カツ名店や名画座を紹介しつつ、再度「ドレミ」で時間が許すまで歓談。

画像


これが私の注文したフルーツポンチ。あと、ホットケーキも追加した記憶があります。
まあ、この時点で私はかなり酔いがまわっていたので、まともな会話ができていたか自信ないのですが。(汗)
お二方、その節はありがとうございました。折あれば、またつきあってやってください。

さすがにこの年齢になると、呑みすぎた翌日は体がだるくなるのですが、 今回はすっぽんのおかげか、
翌朝はさほど酒が残った様子もなく、爽快な目覚めでした。 あと、ちょっと肌がつやつやしてましたね。
ああ、なんて無意味なすっぽんパワー。


……とまあ、一月以上前の話を、8月16日にUPしている時点で、すでにアレですね。(汗)

このところの私は、真面目に次の仕事、当面は警察ミステリ、あと息抜きに九尾描リメイクの思案をを進めつつ、
適度に遊んだりしてます。
ネットなどで、「シャドウ・リンカーズ妖し殺めし幻ノ女」の感想もちょくちょく拝見させていただいてますので、
いずれ日常記や拙作の裏話なども、おいおいUPしていきたいと思います。

「――おいおいUPするだと? いままで何回お前はそういったんだ?」

と、三味線屋勇次か筑谷瞬君のツッコミがどこかで聞こえるような気がしつつ、また次回の日記でお会いしましょう。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東西仕事師小集合2011夏の陣〜新世界の大仕事〜
この日、休みを利用して青春18切符殺し旅に出ていた、さる江戸の仕事師が、夕方から上方に乗りこみ、 新世界の神にならんとする野望を察知、上方の仕事師代表として、私と神戸の仕置人が迎撃することに。 ...続きを見る
新・平成霧咲遼樹/桐咲了酒の日記
2011/08/13 13:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新世界紀行・すっぽん編 新・平成霧崎遼樹の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる